シェアする

Mac画面分割「ShiftIt」が捗りすぎて笑った

Shiftit

Windowsユーザーにとってはおそらく当たり前の機能である画面分割ですが
Macにはデフォルトで備わっていません。

Mac自体はめちゃくちゃ使いやすいものだと思っていたし
「あれば嬉しいけど、別になくても良いかな〜」程度に考えていました。
しかし本格的にMacで開発するようになったらこうはいきません。

コードを書く時にちょっと気になることを検索したり、エディタを並べたり、
画面を分けは戻し、また分けて、と使う機会が激増しました。

Windowsならこんなイライラしねえぞ・・・
+→ で右側によせたり超簡単。
それに比べて・・・
マウスがなきゃやっていけないし、あってもイライラが増していく。
ああ、Windowsなら・・・

そんな中見つけたのが「ShiftIt」

Shiftit

Managing windows size and position in OSX

Filip Krikavaさんが作ったMac用のウィンドウサイズや位置を管理できるアプリです。

こ、これは・・・・!!!
俺のイライラMac生活が一掃されるんじゃないか???

早速インストールしよう!!

下準備

GithubのREADMEにあるけど
パーミッション関係でごにょごにょしないといけないみたいなんで
あらかじめ設定をいじっておきましょう。

特別大層なことをするわけじゃないです。


「システム環境設定」

「セキュリティとプライバシー」
shiftit_setting1

「一般」

「すべてのアプリケーションを許可」
shiftit_setting2

これだけ(笑)
それではShiftItをダウンロードしましょう。

GitHub

Githubにあるからリンクから最新版を取ってきます。
shiftItの最新版をgithubから取ってくる

ダウンロードしたZipファイルをダブルクリックで開きます。

アプリが登場するのでそれをダブルクリックするんだけど、ちゃんと下準備ないと
開けない場合があるよ。
shiftit

shiftit_2

ここでアプリを開くとエラーが出るので
焦らずアクセシビリティをいじいじします。

「システム環境設定」

「セキュリティとプライバシー」

「プライバシー」

「アクセシビリティ」
セキュリティとプライバシーのアクセシビリティ

ShitItのアイコンが追加されているので
チェックボックスをクリック
ShifItを許可する。



終了!!
added-shiftit
新しくアイコンが増えていたら成功です。

はやっ!!

カスタマイズ

色々ショートカットを設定している人や好きなコマンドにしたいって思う時は
簡単にカスタマイズ出来るのでやっておいたほうが良いかも
customize-shiftit

たぶん

エラーが起きる人がいるかもだけど
多くの場合、下準備をし忘れているパターンなのでお忘れなく。

Macで画面分割

ShiftItはインストールしてみて本当に良かった。
色々なソフトを使う人には必須だと思うし
一回入れたらもう手離せないかも…(笑)
捗り過ぎで必要ないのに画面分割しちゃったり(笑)

皆さんもShiftItをインストールして捗り生活を


じゃあね~