シェアする

Google Translate API と Microsoft Translator APIを比較する

api

自分としてはYandex Translate APIも比較対象に入れるべきだと思うけど
GoogleTranslateAPIとMicrosoftTranslateAPIしか知らない人が多いよね。
いろいろ比較のためにも自動(機械)翻訳APIのサービスは今度まとめておきます。
PDFにしたんでどうぞ↓
自動翻訳API比較
更新しました!!(2017/09/08)
[2017年版]自動翻訳API比較

とりあえず今回はこの2つを比較していきます。

Google Translate API

  • アメリカ、Google社が提供する自動翻訳APIサービス
  • 翻訳対応言語は、103言語(自動翻訳APIとしては最大)
  • シンプルな料金体系、使用した分だけ課金される

Microsoft Translator API

  • アメリカ、Microsoft社が提供する自動翻訳APIサービス
  • 翻訳対応言語は、61言語
  • 無料枠があり月間200万字までリクエスト可能
  • 有料枠は最大リクエスト可能数で段階分けられ課金される



まあ〜
どれを選択するかは、仕様次第ってところですね。
やっぱりおすすめするのは、Microsoft Translate APIです。
安いってのももちろんあるけど、修正・独自カスタマイズができるって明記されてるからね。

そういえば抜群に安さを求めるなら間違いなく百度です。
100万字あたりたったの¥49だからね(笑)
まじかよ(笑)自分でもびっくり過ぎてスクショ撮っときました。
不都合があれば削除しますのでご連絡ください。
baidu_api
(*現在の情報は定かではありません)
http://api.fanyi.baidu.com/api/trans/product/index
セキュリティとか考えるとちょっと怖いけどね(笑)

結局は仕様次第です。
参考にでもどうぞ〜



じゃあね~