シェアする

Exif情報の無いJPEG画像をExif回転させる方法

ImageMagick

最近のJPEG画像には基本的にExif情報ってのが埋め込まれています。
Exif情報とは、その画像の撮影日時、撮影場所、解像度、撮影方向などなど
様々な情報が埋め込まれています。

Wikipediaだと下のように書かれているけど、
カメラ映像機器工業会規格をみるともう少しありました。

撮影日時
撮影機器のメーカー名(製造・販売元)
撮影機器のモデル名(カメラ付き携帯電話・スマートフォンの機種名など)
画像全体の解像度
水平・垂直方向の単位あたり解像度
撮影方向
シャッター速度
絞り(F値)
ISO感度
測光モード
フラッシュの有無
露光補正ステップ値
焦点距離
色空間(カラースペース)
GPS情報 – GPS付きカメラの場合、緯度・経度・標高など。
サムネイル(160×120画素)

見たらわかるように
まあいろいろあるってことです。

実際に世の中に出回っている画像の多くはExif情報は入っていません。
理由?
たぶんアップローダーや、投稿者がExif情報を削除しているのか、
カメラが古くてExif情報が設定されていないか、
そもそも写真じゃない、のどれかだと思います。

さて今回の記事を読んでいる人は、おそらくImageMagickを使っていて
Exif情報の無い画像にExif情報をぶち込んでやりたい!!って思っているのかな。

なんでExif情報を入れたほうが良いのかというと
画像を回転させる時に画像の質を落とさずに回転させることが出来るからです。

ImageMagickは少し分かるけどなにそれ?的な方は
いちおう先に、下の記事を読んでからのほうが良いと思います。

ImageMagickでよく使うコマンドを実際に使ってみる
オープンライセンスのソフトウェア ImageMagickをつかう時 ある程度使うコマンドは限られています。 よく使うコマンド ...

さて、それではImageMagickを使ってExif情報の無い画像に
Exif情報を埋め込んでいきましょう。

実はね、Exiftoolっていうソフトを使うと一瞬なんだけど
仕様の関係でImageMagickで統一したいんだ!!って方は読み続けてください。
楽したい!って方は下の記事に飛んだほうが早いです(笑)。

Exif情報が無いのを確認する

まずは、Exif情報のない画像を用意します。
今回使う画像はこちら↓
exif_test

ImageMagickの identify -verboseで確認します。

exif:~が無いのが確認出来ましたね。

それでは、この画像にExif情報をぶち込むための材料を作ります。