シェアする

[コマンド]ImageMagickで写真のExifGEO情報を取得[GPS]

imageamagick2010

プログラムに限らず写真を扱うときには、
写真の中に埋め込まられた情報を
「読み込み・抜き出し・書き込む」は必須ですよね。

前の記事で
ImageMagickの基本的な使い方を説明しましたよね。

ImageMagickでよく使うコマンドを実際に使ってみる
オープンライセンスのソフトウェア ImageMagickをつかう時 ある程度使うコマンドは限られています。 よく使うコマンド ...
今回は、ImageMagickを使って
写真に埋め込まれたGEOデータ(GPS情報)を取得しましょう。

identify -verbose コマンド

これでバッツリです笑
Macならターミナルで、WindowsならCygwinかな?使ってください。

これで、下のような感じで撮影場所がどこかわかります。
image_imagemagick_geo


identify -verbosコマンドでExifを含めた詳細情報を出力して
grep コマンドで緯度経度情報のみを抽出する感じ。



簡単だよね。
でも、恐らくこの記事読む人は
1つの写真だけじゃない気がします。

大量の画像を一括で抽出したいんだよ!!

はい。
そんな時には”XARGS”!!
imagesフォルダにある大量の画像のExifGeoデータを
一括で抽出する方法はこれだぁぁ!!


Linux使ってる方にはおなじみだよね。
findで「◯◯jpg」にマッチするファイル名を取得して、
一個づつidentifyをしていく感じです。

あ〜楽ちん。



じゃあね〜。