シェアする

ImageMagickで複数のJPG画像をGif画像にする

result4

今回は、
オープンライセンスのソフトウェアである
ImageMagickを使って
複数の画像を一枚のGif画像に変換してみましょう。

「そもそもImagMagickにどんなコマンドがあるかわかんねんだけど!!」
そんな方は
ImageMagickでよく使うコマンドを一読して簡単なイメージを掴んでから
続きをよんでみてください。

ImageMagickでよく使うコマンドを実際に使ってみる
オープンライセンスのソフトウェア ImageMagickをつかう時 ある程度使うコマンドは限られています。 よく使うコマンド ...
まあコピペするだけならって人はそのまま続けて読んでも問題ありません。

Convert コマンド

Gif画像を作るときに使用するコマンドは“convert”です。
convert と -delay, -loop のオプションだけで出来ちゃうから簡単。

今回使う画像はこれら。
Gif画像を作るからもちろん複数の画像を用意します。
thumb_IMG_0177_1024thumb_IMG_0176_1024thumb_IMG_0175_1024thumb_IMG_0174_1024thumb_IMG_0173_1024thumb_IMG_0172_1024thumb_IMG_0171_1024thumb_IMG_0170_1024thumb_IMG_0169_1024thumb_IMG_0168_1024thumb_IMG_0167_1024thumb_IMG_0166_1024thumb_IMG_0165_1024

どどん!!13枚!!!
ヱビスビール美味しいよね。

どう考えも写真が多いよね。
ごめんなさい。

やっぱり完成したGifが綺麗な感じにしたいから許してください。
もちろん枚数が多ければ多いほどなめらかねGifが作れます。

自分で探しも良いし、スマホで連射したのを使ってもいいと思う。

一応これを使ってみたい方はZipにしたのでどうぞ。
ImageMagick用の画像
*(注)画像しか圧縮していないので大丈夫だと思いますが、使用する場合は、人自己責任のもとでダウンロードしてください。

用意が出来ましたか?

それでは始めていきましょう。

ファイル名を揃える。

Gif画像に変換する場合、最初に複数の画像のファイル名を
揃えていく必要があります。

image_1.jpg
image_2.jpg
image_3.jpg
image_4.jpg


といった感じです。
Zipをダウンロードした人はすでにファイル名を揃えてあるので問題ありません。

convert 実行

さて、下準備は終わったので後はコマンドでボン。
ターミナル(Cygwinとか)を開いて下記のコマンドを実行

以上。

簡単!!
iamge_magick_convert_gif

result.gifが追加されてますね。
af_imagemagick_make_guf

完成したのがこののGif
result

すでにもういい感じだけど。
もう少し画像の遷移のスピードを遅くしたい!
そんな時は-delayの数字を大きくしてください。


result2
ちょっと遅すぎかな…(笑)

まあでもこんな感じでスピードも楽に変更出来ます。
いやー。Gif画像作るのも簡単だったねー♪

みんなも色々あそんでみると面白いかも



じゃあね~