シェアする

[続編]ImageMagickで写真のExifGEO情報を取得[RMagick]

Rmagcik_ruby_imagemagick

前回投稿した記事では、ImageMagickを使って
写真のExifGPS情報を取得する方法を紹介しました。

[コマンド]ImageMagickで写真のExifGEO情報を取得[GPS]
プログラムに限らず写真を扱うときには、 写真の中に埋め込まられた情報を 「読み込み・抜き出し・書き込む」は必須ですよね。 前の記事...

上の記事で、必要な情報は十分に取得できます。
しかし、純粋なImageMagickコマンドだと他への応用が効きません。
GoogleMapとかMKMapViewとかとか…

と言うのも、
出力される情報が10進数ではないため、
多くの場合、変換が必要になります。

変換作業めんどくさ!!
たくさんの写真からGeoデータを取得しようと思ったら
自動化しないとエライことになるのは明らかだよね。

そんなあなたにピッタリの方法がこちら!!
RMagick

RMagickは、RubyでImageMagickを使用することができるGemです。
これ便利だよね〜〜。

最近のシステムって画像処理は基本みたいになっているから
Railsとか使ってるサービスではほぼ入ってるイメージです。

やること

そんな難しいことはしません。

  • カレントディレクトリ内のJPG画像を全件取得
  • RMagickを使ってExifGeoデータ取得
  • 10進法に変換して出力

前提

おなじみVagrant + Centos7環境です。
Ruby ver. => 2.3.0 周辺なら大丈夫かと。

コード

RMagickなのでrubyで書いてあります。




いやぁ〜
Rubyってほんと簡単で良いよね。
バッチでもirbでもどっちでも出来るはずです。
Railsに組み込むのも簡単。

またね〜。