シェアする

Centos7 で ポート 状況を 確認する方法

centos7_check_port_status

あれ?
今何のポート開いてるっけ?

システム開発してるとあれれ?
って思うこと有るよね。
記事にするまでもないけど書き溜めとして。

ss コマンド

centos7はcentos6と違いnetstatが入っていません。
代わりに推奨されているのが「ss」コマンドです。

ちょっと前はssコマンドはバグが多いとボコボコに言われてましたけど、
最近は落ち着いて来た感じですね。

なっげ!!
hlepなっげww!!

基本的に ss にオプションを追加してgrepしてみるでしたり
そのまま目視。みたいな感じで使用します。

結局使うやつ

いろいろオプションコマンドは有りますけど
よく使うのはport番号を数字表示するオプションかなぁ。

細かくみる時はncコマンドを使ったりするのですが、
今回はポートの確認だけなのでぺぺっと調べて使う感じ。
まあこの程度ぐらいで覚えるのがいいでしょう。

lsof -i:port番号 を意外と使う気がする

そういえば最近はlsofコマンドを使う気がする。
正しくデーモンが終了していなかったときにポートが使用中で起動できないってときには-iオプションを指定して確認します。
下みたいに表示されます。kill -9 で止めて起動。って感じ。
-iの後ろはスペースつけずに:port番号です。

lsofがない人は sudo yum install -y lsofでok



じゃあね~