シェアする

Centos7 Chrony で時刻をあわせる

chrony_cenos7

awsをckiやsdk使ってると
気づいたら「時刻が合っていない!」と怒られることがあります。
そのたびに、時刻をあわせて
awsの発展のおかげでフロントからミドルのエンジニアが
インフラを触らなければならなくなってきました。

vagarntとかでcentos7を構築すると
時刻系のサービスが準備されていません。

開発環境なら、ある程度は問題はないんですけど
本番環境なら絶対必要だし、開発環境でも
aws cliを使っているとこんなエラーに遭遇することが
たまにたまぁぁーにあります。
A client error (InvalidSignatureException) occurred when calling the GetAuthorizationToken operation: Signature expired: ******* ********

あーまじかよってなりますよね。
環境構築の段階で時刻系のサービスは
導入しなくてはいけませんよ。(自戒(´・ω・`))

Chronyのインストール

chrony入れ忘れた。
centos6ではntpdが使われていましたが、
centos7からは「chronyd」が推奨されています。

ntpd と chronyd の違い

何が違うんじゃいと思われるかがいるかもしれません。
簡単に説明しますと、アルゴリズムが違います。
どっちが優れているかはなんともという感じでです。

私的にはChronyの方がという感じですが、
1つの判断材料として
そのサービスが「常駐型か」「断続型」かで判断するのがいいかも。

開発環境の仮想マシンは上げたり落としたりと
頻繁にネットワークが接続・再構築がされます。
そういった意味でchronyです。

ブロードキャスト使うぜ!!
マルチキャスト IP を使うぜ!!
そういった方は、ntpを選択肢に入れたら良いかと。

chronyの設定

まずはchronyをインストールします。

はい、これだけ。
簡単でございます。

時刻の手動強制同期コマンド

手動で強制同期するには下記コマンドでどん。

JSTにしたいようというかは
今度まとめますね。

もっと詳しくおくれ!!
そういう方は公式をどうぞ

またね〜