シェアする

Exif情報の無いJPEG画像をExif回転させる方法

ImageMagick

叩くコマンドはたったの3つ!!

  1. OrientationタグのみのExif情報画像を作る
  2. その画像からExif情報を抜き取る
  3. 好きな画像にうめこむ

一度抜き出したexifデータは何回でも使えるため
まあ重宝しますよ。

1.ExiftoolでOrientationタグを埋め込む

まずこの時点で、Exif情報を追加できているんだけど、
あくまで目標がImageMagickで使える状態にすることだからね。

2.Exif情報だけを抜き取る

only.exifという形式で抜き出しましょう。

一応開いてみても良いんですが、
文字化けのオンパレードですので見るだけ無駄に近いです(笑)
それでも開けたい!って方はバイナリエディタをつかってみて下さい。

3.好きな画像に埋め込む

用意した画像にはすでにExiftoolで追加されてますので削除しましょう。

exif_test

そして、先ほど抜き出したonly.exifを埋め込みます。



終了です!!
早い!!らく!!!



では最後に確認してみましょう。
“exif:~”でOrientationが入っていますよね。

結局ImageMagickだけで解決は出来なかったけど
Orientationのみのexifデータをストックしておくという方針で。

Orientationタグが必要な画像があったら
シェルスクリプトででも用意しとけばいいんじゃないかなと。



じゃあね~