【アセンブリ言語】算術加算命令 ADDA とは【COMETⅡ・CASLⅡ】

【アセンブリ言語】算術加算命令 ADDA【COMETⅡ・CASLⅡ】

ADDAは、「ADD Arithmetic」の略で算術加算をするCOMET命令です。

広告

ADDAの概要

ADDA命令はオペラントは下記の2つである。

  • ADDA r1,adr[,x]
  • ADDA r1,r2

汎用レジスタ(r1)に、有効アドレス(adr)を算術加算する2語長の命令と
汎用レジスタ(r1)に、汎用レジスタ(r2)を算術加算する1語長の命令がある。

ADDA r1,adr[,x]のOPは[20]である。
ADDA r1,r2のOPは[24]である。

符号付き演算(算術演算命令)では、演算結果が、
32,767を超える、または-32,768より小さくなる場合にオーバーフローフラグが1となる。

符号なし演算(論理演算命令)では、演算結果が、
65,535を超える、または0より小さくなる場合にオーバーフラグが1となる。

ADDAのプログラミング例

ADDA r1,adr[,x]のプログラミング例

メモリ内のAとBを足した結果をCに格納するプログラミング例
実行結果はCに16が格納される。

ADDA r1,r2のプログラミング例

メモリ内のAとBを足した結果をCに格納するプログラミング例
実行結果はCに16が格納される。


アセンブリ言語も意外と楽しい。
じゃあね〜〜〜〜〜。