Java 変数 ラッパークラスとは

java_wrapper_class

今回はプログラミング言語 Javaについて、
ラッパー・クラスについて書き溜めます。

前回、Javaの変数 基本型と参照型の記事を書き溜めましたが、
今回は基本型と関係するラッパー・クラスについてです。

広告

Javaのラッパー・クラスとは

変数をオブジェクトとして使用できる ラッパークラス

ラッパー・クラスとは、基本型であるデータ型(intやbooleanなど)を
オブジェクトとして利用できるようにします。

各基本型に提供されており下記のようになっている。

基本型 ラッパークラス
byte Byte
short Short
int Integer
long Long
float Float
double Double
boolean Boolean
char Character

基本的に下記の目的を満たすためにラッパークラスは用意されている。

  • その型で扱える最大値,最小値を表す定数
  • 文字からプリミティブ型に変換するメソッド
  • 異なるプリミティブ型へ値を変換するメソッド

その型で扱える最大値,最小値を表す定数

最大値を表す定数の例は下記である。

文字からプリミティブ型に変換するメソッド

文字を基本型に変換するメソッドの例は下記である。

異なるプリミティブ型へ値を変換するメソッド

通常キャストを使うため、基本的に使用しない。



ラッパークラスも
しっかり基礎を抑えておきたい。

ラッパークラスについて詳しく知りたいときは、w3schoolsかな



じゃあね〜〜〜〜。