Let’s Encryptの動作確認は–dry-runをつけろという話

Let’s Encryptの動作確認は--dry-runをつけろという話

Let’s Encryptの動作確認はdry-runをつけろということ。
友達にファイアーウォールやIP制限などで上手く更新ができずに調査していたら制限されたと連絡があった。

「There were too many requests of a given type :: Error creating new order」このエラーがでたら終わり。
1週間は該当ドメインの検証はできません。

認証切れの1ヶ月前に作業していたみたいだから良かったけど
直前だったら終わってた。

当たり前だけど、
–dry-runはつけろと。

certbot renew –dry-run

もう一回。

certbot renew –dry-run

RateLimitについては公式読んでね。



じゃあね〜〜。