Processing rectMode() CORNERとRADIUSの違い

learning_processing

今回はProcessingについて書き溜め、
長方形を描く際に使うrectMode()の引数についてまとめる。

CORNERとRADIUSの違いをちょいちょい間違えたから書き溜め。

広告

rectMode()とは

長方形の描画位置を変更する関数

rectMode()は長方形を描画する際に利用される関数です。
長方形を描画する関数[rect()]に、与えられたパラメータの解釈方法を変更することで
長方形が描画される位置を変更します。

先に、rectMode()を呼んだ後、
rect()を使用します。

rectModeのパラメータは4つあります。

  • CORNER
  • CORNERS
  • RADIUS
  • CENTER

注意点として、パラメータの入力値は大文字でなければいけません。

CORNER

パラメータ: rect(図形左上頂点のx座標, 図形左上頂点のy座標, 幅, 高さ)

rect() の最初の 2つのパラメータを図形の左上隅の位置(x座標, y座標)として解釈し、
3番目と4番目のパラメータを図形の幅と高さ(幅, 高さ)とします。

CORNERはデフォルト値です。

CORNERS

パラメータ: rect(図形左上頂点のx座標, 図形左上頂点のy座標, 図形右下頂点のx座標, 図形右下頂点のy座標)

rectMode(CORNERS)は、 rect()の最初の2つのパラメータを1つの角の位置(左上x座標, 左上y座標)として解釈し、
3番目と4番目のパラメータを反対側の角の位置(右上x座標, 右上y座標)として解釈します。

CORNERとの違いに注意! CORNERSは全て座標になっている

RADIUS

パラメータ: rect(図形中心のx座標, 図形中心のy座標, 幅の半分, 高さの半分)

rectMode(RADIUS)は、rect()の最初の2つのパラメータを図形の中心点(中心のx座標, 中心のy座標)として解釈し、
3番目と4番目のパラメータは図形の幅と高さの半分を指定するために使用します。

CENTERとの違いに注意! RADIUSは図形の幅・高さの半分!

CENTER

パラメータ: rect(図形中心のx座標, 図形中心のy座標, 幅, 高さ)

rectMode(CENTER)は,rect()の最初の2つのパラメータを図形の中心点(中心のx座標, 中心のy座標)として解釈し,
3番目と4番目のパラメータを幅と高さとします。

RADIUSとの違いに注意!



rectModeに関する詳しい情報は公式をどうぞ。
rectMode()



じゃあね〜〜〜〜。