シェアする

【VirtualBox】Kali linux でシステムインストールに失敗したとき

Kali Linux

VirtualBoxって良いよね。
Dockerが流行って「VirtualBoxとかいらない!」って言う人もいるけど
僕はVirtualBoxも好きです。

先日、VirtualBoxにKali Linuxをインストールしようとしたら
「システムのインストールに失敗しました」ってエラーが出ていました。

広告

先に解決策

VirtualBoxで仮想マシンに割り当てるディスクサイズを
13GB以上(理想は20GB)にすること。

これだけ。

現象とか

構成ファイルのインストールができていないようでした。
10GBにするとシステムインストールはできたけど
aptとかをセットアップするタイミングでエラーになりました。

いやいやー。って思ったので公式をチェック。

Installation Prerequisites
A minimum of 20 GB disk space for the Kali Linux install.
RAM for i386 and amd64 architectures, minimum: 1GB, recommended: 2GB or more.
CD-DVD Drive / USB boot support

公式としては20GBは用意したいらしい。
そりゃVirtualBoxでのデフォルト8GBじゃ全然足りない(笑)

15GBぐらいあればaptまで余裕みたい。
僕は13GBでいけました。
13~20GBぐらいのディスクスペースを設定すればOKです。
20GBって結構あるよね。

ま、まあ
32GB必要なWindowsに比べれば可愛いものです。。



じゃあね〜〜〜〜。