CentOS8 からRockyLinuxへ移行する方法

CentOSのアップストリーム化によって移行先を探している人も多いと思う。

Ubuntu, RockyLinux, AlmaLinuxなど色々あるけど、Centosと互換性のあるRockyLinuxへの移行方法を書き溜める。

RockyLinuxでは公式でCentos8から移行するためのツールを提供しているので今回はそれを使います。

RockyLinuxは、Centos初代創設者のGregory Kurtzer氏が開発しているLinuxOSで、Red Hat Enterprise Linux® と 100% の互換性を持つように設計された、オープンソースのエンタープライズオペレーティングシステムです。AlmaLinuxとは違いコミュニティ主導によって開発されています。

広告

OSの確認

まず、Centos8にログインしてください。cat /etc/redhad-releaseで現在のOSが8であることを確認してください。

migrationツールのダウンロード

次に、公式が提供している移行ツールをダウンロードします。今回はwgetを使いますが、curlとかでも大丈夫です。

wget で移行スクリプトのダウンロード

curl で移行スクリプトのダウンロード

公式ではcurlの方法が書かれているので、一応その方法も書き溜めとくよ

migrate2rocky.shがダウンロードされていればok.

ダウンロードしたら実行権限を付与しといてください。

migrate2rocky.sh を実行して移行する

実行権限を付与したら、スクリプトを実行します。rootユーザに変わるのを忘れずに。

実行の際にパラメータで-rをつけます。

この"-r "オプションは、すべてをインストールすることを意味してます。

実行すると下記のように、色々出力され始めますので、コーヒーでも飲んで完了を待ちましょう!

20分ぐらいして画面をみてもらうと、下記のようにComplete!ってなっているはずです。

あとは、サーバーを再起動してsshすればRockyLinux!!

やったぜ!!ようこそRockyLinux!!

/etc/redhad-releaseの中身もRockyLinuxになっているよ!

超簡単!

RockyLinuxは本番で使用できる段階になっているので、Centos8の移行先としていいかもしれない。

移行方法は他にもあるで詳しくは公式のドキュメントをみてね。

ドキュメントも徐々に増えている印象ですが、日本語化があまり進んでいないため、もし貢献できる人は頑張ってください。

じゃあね〜〜〜。