シェアする

写真を見ながらWordPress+XserverでSSL化手順

スクリーンショット 2017-03-17 13.29.34

WordPressって便利だよね。
Wordpressを使う場合にもっとも適したサーバーって
Xserverだと思う(個人の意見です。)
反対にWordpress以外にXserverを使う機会がわからない…
便利だもんね

そんなことより
あなたのサイトはSSL化していますか?

サイトの一番最初が
httpsならSSL化済みです。

よくHTTPSにするとSEO的に良いからするんだ!!ってあるけど
SEOとかじゃなくてログインする時とか
SSL化していないと平文だから危険だよ。セキュリティ的に。

そんなもんなんでエックスサーバーとWordpressでブログを書いている人は
タダでSSL化できちゃうんでちゃちゃっとSSL化しましょう。

Xserverのサーバーパネルにアクセス

まずはXserverにアクセスし
サーバーパネルにログインしてください。

xserver_wordpress_https-12

サーバーパネルです。

xserver_wordpress_https-1

ご自分のIDとパスワードでログインしてください。

xserver_wordpress_https-4
右上にあるドメインの中の
SSL設定をクリックしてください。
xserver_wordpress_https-5

SSL化するドメインを選択

するとSSL化するドメインを選択する画面が表示されるので、
その中からSSL化したいURLを選び「選択してください」をクリックしてください。
xserver_wordpress_https-6

クリックするとSSL化設定の画面が表示されるので
「独自SSL設定の追加」というタブをクリックしてください。
xserver_wordpress_https-7

SSL化!!

画面が切り替わったら
「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」はチェックを付けて、
デフォルトで書いてあるところは特に何も編集しなくて大丈夫です。
xserver_wordpress_https-9

そのまま下の方に降りていって
「独自SSL設定を追加する(確定)」と書いてあるボタンをクリック
xserver_wordpress_https-10

クリックするとSSLの設定が開始されます。
xserver_wordpress_https-11

Xserverでやる設定はもう終わり。
簡単だね!
後は30分から2時間ぐらいかな、待っていれば勝手にhttpsが使えるようになっています。

まだSSL化されていないとこんな感じの画面になるのでもう少し待ちましょう。
xserver_wordpress_https-3

俺の場合はだいたい30分したら使えるようになっていました。

<-----------30分後----------------->
スクリーンショット 2017-03-17 13.29.34

httpsでアクセスできてる!!
「保護された通信」と表示されていればオッケーです。

最後はWordpressの設定!

URLの表示をHTTPSから始まるようにする

WordPressの管理画面で「設定」「一般設定」をクリック。
WordPress アドレス (URL)と、サイトアドレス (URL)
変更します。
httpをhttpsに書き換えるだけ!!
xserver_wordpress_https-2
簡単!

変更を保存すると強制的にログアウトされるので、
気にせず再度ログインし直してください。

もうおっけ!!

これでWordpress+XserverSSL化は終了。

みんなSSL化ができたね。
ばんざいばんざい。

ログインするときSSL化してないと
周りに情報筒抜けだから安全のためにも
なるべく早く取り掛かることをおすすめするよ。



じゃあね~