Java パッケージとは?

Java パッケージとは?

今回はプログラミング言語Javaに関する、
パッケージについて書き溜めます。

パッケージはオブジェクト指向のカプセル化に関する概念なので
情報機科学初心者のマイルストーンとして残しておく。

広告

パッケージ (package) とは?

名前空間を分けるためのフォルダ

まず、簡潔に言い表すと、
パッケージとは、クラスをグループ分けするための仕組みのこと です。
同名のクラスを、パッケージごとに分けることで別のものとして利用できるようになります。

グループ分けされたクラスは「完全限定名」として表現されます。
(パッケージ名.クラス名)

Randomというクラス名を、utilパッケージと、customパッケージのそれぞれに属させると
同じ名前でも別の処理を記述することができるようになります。

  • それぞれは、別の名前空間を持つ
  • util.Random
  • custom.Random
*パッケージといっているがその実態はフォルダである。
フォルダ構造をイメージすればイメージはしやすく、パッケージは階層構造となる。

パッケージの中にクラスを作るとき

パッケージの中にクラスを作るための手順は下記のようなステップである。

  1. パッケージ名として、フォルダをつくる
  2. フォルダ内にクラス名でファイルを作成する
  3. クラスの先頭に「package パッケージ名;」を宣言

パッケージの中のクラスを使うとき

パッケージの中のクラスを使うための手順は下記のようなステップである。

  1. 完全限定名またはアスタリスクでimport宣言する

これだけ。

パッケージ概念におけるアクセス修飾子

パッケージにおいては、クラスやフィールドに対するアクセス修飾子が重要になってくる。
アクセス修飾子については過去記事「アクセス修飾子のまとめ(private、protected、public)」を参照されたい。



基本的なところだが、
頭にいれておきたい。



じゃあね〜〜〜〜。