CentOS7からWindowsにcifsマウントしたら write-protected, mounting read-only で失敗したとき

CentOS7からWindowsにcifsマウントしたら write-protected, mounting read-only で失敗したとき

基本的にCentOS7が開発環境で有るケースが多いんだけど
社内のファイルサーバーがWindowsっていうのもよく有るケース。

Linux側からファイルマウントするととても便利ですよね。

広告

cifsコマンドでマウントしたらエラー

開発用に新しいLinuxサーバーを構築したので、
いつもどおりcifsコマンドでWindowsのファイルシステムに対してマウントしようとしたら。
mout errorが発生

read only???
権限とか特にいじっていないはずなのに?

samba周辺のライブラリ不足が原因

cifsコマンド内容をちょこちょこ調べてみるとライブラリが不足していただけだった。

smbのクライアントcifs-utilsをインストールするだけで解決。
Ubutuの場合、smbfs をapt-getでインストールする感じ。

サーバーによってはSelinuxを無効化してないと駄目なケースもあるので
eetenforce使って確認してみてね。

これでPermissiveになるのでマウントに成功するはず。



Ansibleとかで自動化するべきだね。
ちなみに最近 AWX が気になっている。

じゃあね〜〜。