シェアする

zookeeper3.4.6をdocker-composeで起動させる

zookeeper-docker-compose

docker-composeでzookeeperクラスターを立てるって本当に簡単にできるよね。
公式ドキュメントみれば、最新のイメージを使用してすぐにクラスターを構築できます。

公式がサポートしていないzookeeperのバージョンを使用したい時、
自分でイメージから作り直す必要があります。
現状dockerhubから取得できるのは3.4.9までです。



今回は、それより古いバージョンであるzookeeper3.4.6のイメージを作成します。
baseとするdocker imageはopenjdk:8-jre-alpineです。
準備するものは4つです。
・Dockerfile
・docker-compose.yml
・docker-entrypoint.sh
・zookeeper-3.4.6.tar.gz

Dockerfile

このDockerfileを利用してdocker-composeで起動します。

docker-compose.yml

docker-entrypoint.sh

次にdocker-entrypoint.shを作成します。

zookeeper-3.4.6.tar.gz

人によってはバージョンをもっと古いやつを使う人もいるかも知れません。
その時は、Dockerfileを適宜修正してね。
下記からダウンロードして下さい。



この4つを準備したら
ディレクトリはこんな感じになります。

docker-compose up -d で起動すればオッケーです。
./log/配下にログが出力されるのでそこで確認して下さい。



本番で使えるかはまだ怪しいですが
開発・テスト環境などで大活躍

じゃあね〜〜〜〜。